スイング トレーニング 攻略

シャンクが止まらなくなった時の解決法!

投稿日:

こんにちは!
MAB茂木です。

今回はゴルフのお悩みをMAB在籍プロが解決します!

お題はこちら!
「シャンクが止まらなくなった時の解決法」

“シャンクとナイスショットは紙一重”という言葉はよく聞きますが、ラウンド中に出てしまったら、次に同じクラブを使う時に「またシャンクが出てしまうんじゃないか…」と、すごく不安になりますよね。
さっそく竹末裕美プロにシャンクの原因から練習法をレクチャーいただきましょう!

そもそもシャンクはなぜ出る!?

≪考えられる原因≫
①体がスエーしてしまう(左右に動いてしまう)
②クラブがヒールから入ってくるため、手元が浮いてしまう
③体重がかかとにあり過ぎる
④インパクト前に体が前に突っ込んでしまう

②については写真のようにフェースの根っこから先に入ってしまうと・・・

手首がこのように浮いてしまいます。

練習場での練習法!

竹末プロがシャンクが出てしまった方に教えている練習法は
「左足一本でボールを打つ」

この練習法を行うと、体重移動が少なくなり(原因①)、体重も後ろに行かず(原因③)、左わきもしまってインパクトが出来るため(原因④)、フェースローテーションもしっかり行うことが出来る(原因②)ので、先程の原因①~④が解消され、シャンクは出なくなります!

足は上げても付けながらでもどちらでもOKです!

ラウンド中にシャンクが!その応急処置法は!?

①インパクト前に手元が浮かないように右打ちの方は左わき、左打ちの方は右わきを締めましょう!

②アドレスをする時は、あえてクラブのヒール部分にボールが来るように構え、クラブを下すときにフェースの先っぽで打つように意識する事!

最初からヒール部分に構えると、反射的にシャンクを防ごうとするため、ヒールには当たらなくなります。
たとえ、ヒールに構えてシャンクが出てしまったとしても、プロは「同じ位置にクラブが戻っているので正確なスイングが出来ていますね!」と褒めるそう(^o^)b♪

あくまで応急処置法なので、シャンクでお悩みの方は日頃の練習で片足一本でショットする練習を行ってみてくださいね!
お試しください!!

MABゴルフラボ
店長 茂木

☆10月よりMAB新プラン登場☆
MABの詳しい情報は、下記のオフィシャルホームページからご確認下さい。
ご来店・お問い合わせお待ちしております!

MABオフィシャルホームページ、こちらをクリック>>

体験レッスンのお申し込みはこちらをクリック>>

-スイング, トレーニング, 攻略
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© MABオフィシャルブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.